マイ・サンシャイン

COMMENTS

中井美穂さん①中井美穂さん②中井美穂さん③
中井美穂さん④中井美穂さん⑤有村昆さん

007が江戸っ子に!
主人公の黒人家族を見守るダニエル・クレイグの、
言葉は荒いが人情溢れる姿に拍手!
泣きながら笑える社会派ドラマ。

立川志らく(落語家)

ダニエル・クレイグという俳優は決して=ジェームズ・ボンドではない。
彼はジェームズ・ボンドを演じる以前から
ジェームズ・ボンドを超えている事を深く感じた。

ハル・ベリーおそるべし…!

竹中直人(俳優/映画監督)

平和な国の日本に生きている私達。
でも他の国では紛争や貧困が未だに続いている。
その状況を目の当たりにしてない私達に
色々と教えてくれる作品の1つ。
子供、家族、仲間を持つ者なら誰もが考えるだろう。
もし、自分がこの立場で生きるならどうするかと。

土屋アンナ(歌手/モデル/女優)

純粋な子どもたちが差別に傷つき、
権力に汚染されていく。未来はある?
何も変わらない現代社会の現実を突きつける作品。
真実を見るべきです。

サヘル・ローズ(タレント/女優)

信じられない黒人差別がもとで起きた
LA暴動というこの世の事実と、
見放された子供たちを
次々と家族のように育てるハル・ベリー演じる女性。
現実と理想のギャップと重なり。
不思議な乱れ打ちを見せられた感じ。

大宅映子(評論家)

もしお隣にダニエル・クレイグが住んでいたら
どうしますか奥さん!というファンタジーを
社会派ドラマにさらりと紛れ込ませる
映画のマジックが楽しい。

ちっとも町に馴染めない異邦人感も込みで
「近所の普通のおっさん」になりきった
現役ボンド役者が、意表を突く展開で挑む
決死の脱出アクションも見どころ。
『ローガン・ラッキー』に続いて
「脇でも光るクレイグ」を印象づける好編!

岡本敦史(映画秘宝編集部)

あの暴動の中でも、人は恋をし、
子供たちは遊びを見つける。

一つのジャンルにはくくれない、
愛情と混乱とがむき出しの作品でした。

豊田エリー(女優/タレント)

25年前の暴動は今もまだ解決していない。
むしろトランプ大統領になったことで緊張感が高まる。
今こそ本作の意義を感じねばならない。

有村昆(映画コメンテーター)

一緒にいたい人ほど、すぐにいなくなってしまうもの。
ありきたりの日常が、こんなにも尊く、
もろいものなのか。
観終わると、きっと大切な人に会いたくなります。

島根玲子(外交官) 著書『高校チュータイ外交官のイチからわかる! 国際情勢』


(敬称略/順不同)

REVIEWS

パワフル!とても興味深い。

ガーディアン

万華鏡のように移り変わるさまに魅了される。
『マイ・サンシャイン』は人生と希望を肯定する映画だ。

テレラマ

今年、もっとも大胆な映画。

ヴァラエティ