当掲示板は過去ログの閲覧のみとなりました。

宣伝担当・小川 2000年11月1日 20時16分53秒
http://
>>井上さん

ご感想ありがとうございます!
後になってくる、という感じ、まさにと思います。
初日のトークショーで中原さん、カネコさんとも、
説明的でないこの映画の、あとからジワリとくる感じを
それぞれの身の回りでの体験を交えて語ってくださいましたよね。

二度三度と見ていただけると、いろいろさらに深いところを
感じていただけるのでは、と思います。
ぜひ、足を運んでいただけばと思います。


>>ハマさん

劇場招待券、当選されたのでしょうか? 
おめでとうございます。

試写会ではないので、シアター・イメージフォーラム
公開期間中はもちろん使っていただけます。
できればご友人などを誘っていただき、早めに見に行って
いただいて、広めていただければ嬉しいです。

よろしくお願いします!




ハマ 2000年10月31日 16時55分39秒
http://
劇場招待券は期間中いつでも利用できるのでしょうか?
もしや当日の回のみだったのでしょうか・・・
普通の試写会は期日指定があるんですよね。
教えていただけると嬉しいです。

井上かなめ 2000年10月29日 23時35分18秒
http://homepage2.nifty.com/kanekofan/
DOWM UNDER BOYS初日にトークショーともども観賞させて頂きました!
観たばかりのときには、正直、彼かが犯罪へ辿り着く経過、その心理状態がつかめませんでした。
人が犯罪を犯すとき、何かもっともな理由があるのでは、と考えてしまいます。
でも、それが全く感じられなかったのです。
堕ちていくしかないというより、もうそこにある、というかんじです。
床に落としたスプーンを単に拾っただけ、それがないとスープが飲めないし、というかんじ。
でも、なんだか徐々にその気持ちが浸透してきました。後になってくるものがあります。
もちろん、私達があっさりと理解できるようなもっともな理由はそこにはありませんが、
なぜ兄弟がつるみ、共生しあい、依存しあい、離れられないのか、ということを考えると、
犯罪ということは抜きにして、色々感じるところがあるのです。
私達が普段なにげに他人に感じていること…そこの部分を考えてしまうような作品でもありました。
また改めて観てみたい作品です!!

かなめ 2000年10月28日 01時25分42秒
http://
小川さま
詳細のほう教えて頂きありがとうございました。
DUWM UNDER BOYSは、犯罪そのものではなくて、
そこへ辿りつく経過を描いた心理的作品と聞いています。
それだけで、とてもツボなものを感じます。
映画、そして、トークショーともども、とても楽しみにしています!

宣伝担当・小川 2000年10月27日 15時57分25秒
http://
井上さん

整理券については、劇場のシステムとして、
イベントのあるなしに関わらず、通常行っている
やり方でもあるようで、今回の初日の整理券も、
普段の映画ご入場時の整理券の出し方と同じ形に
なると思います。

お手数ですが、シアター・イメージフォーラム
tel.5766-0114までお電話でお問い合せを
いただくのが間違いないかと思います。

よろしくお願いいたします。
明日のご来場を楽しみにお待ちしております。


井上かなめ 2000年10月27日 09時31分21秒
http://
小川さま、詳細おしえて頂き、ありがとうございました!!
それで、整理券を頂きにいきたいのですが、
代表者が一人行って、友人の分も数枚頂けるのでしょうか?
細かい質問で申し訳ありません。
よろしくお願い致します。

宣伝担当・小川 2000年10月26日 21時32分17秒
http://
かなめさん、お問い合せありがとうございます。
トークショーにつきましては、この映画の前売り券
あるいは当日券で見ていただけます。

トークショーの終了後、続けて映画の上映となります。
来ていただいた方は大変おトクな、公開初日の特別イベント
です!
整理券につきましては、当日の朝、劇場が開く10時45分
から、夜の開場時間の前までの間、先着順でお渡しする形になります。

なお、レイトショーの開場は、夜9時からです。
ご入場は、整理券の番号順となります。
もし何かご不明の点などがありましたら、劇場シアター・イメージ
フォーラムtel:03-5766-0114 までお問い合せください。

かなめさん、そして皆さんもぜひぜひ、ご友人などお誘いの上、
お越しください!
お待ちしています!!
 
*トークショー情報*
10月28日(土)9:10p.m.からトークショー開催!

「バイオレンスの誘惑と罠」
カネコアツシ氏(漫画家)×中原昌也氏(ミュージシャンほか)







かなめ 2000年10月25日 22時08分17秒
http://
10/28のトークショーがまじかですね。
参加したいのですが、それは前売とかあるのでしょうか?
整理券とかはあるのでしょうか?
早く並んだ順というかんじなのでしょうか?
よかったら詳細のほう教えてくださいませ。
とても楽しみにしております。

宣伝担当・小川 2000年10月3日 23時12分23秒
http://
chieriさん、書き込みありがとうございます。
シドニーオリンピック、大変盛り上がりましたね。ついつい
ニュースを何度も見てしまいました。マラソンの高橋選手は
本当にすごかったですね。

それはともかくとして...、
この作品は、シドニー郊外を舞台にしています。
主人公の兄弟たちが住む町を表す看板がちらっと
映りますが、その地名オーバーンは、オリンピック
のために埋め立てられた場所だそうです。

オーストラリア映画というと、ちょっと変わったテイスト
を持った作品が多いという感じがありますよね。
近年では、『プリシラ』や『シャイン』『女と女と井戸の中』
などがありました。現在は『ヘヴンズ・バーニング』という作品
が、シネ・アミューズで公開されています。

この映画も、犯罪映画ながら、犯罪の瞬間をあえて描かないで、
そこにいたるまでの時間を見る人が体感していく、
独特のつくりになっています。何が起きているのか?と、見ながら
さぐっていくような感じです。

10月28日からの上映で、どんな映画なのかを確かめて
いただければと思います! ぜひ!

chieri 2000年9月30日 21時15分17秒
http://
明日でシドニーオリンピックも終わっちゃいますね。
オーストラリアの映画ってどうなんだろ?
すごく楽しみです。

宣伝担当・小川 2000年9月1日 18時44分09秒
http://
予告編がUPしました!

明日、9月2日(土)には、上映劇場となる
シアター・イメージフォーラムが新しくオープンします。

もちろん、劇場でも『DOWN UNDER BOYS』の予告編を観ていただく
ことができます。
予告編で、作品の独特の緊張感を、ぜひ感じてみてください。

映画は、10月中旬の公開予定です。
ご期待下さい!